2016年7月21日木曜日

終活ブームの今日、40歳の人は至急準備を!!



いろいろ栄養学を勉強してて一つ答えが出た。 新聞や本、そして巷のセミナーとやらに「終活」という文字が見られるようになってきた。
けれども、栄養学と介護の側面から見ると、本気で終活をしたいのなら40歳からではすぐに準備を急いだ方が良さそうだ。多くの方は、終活は老後の”お金”をイメージする人が多い。けれども、意外に抜けているのは健康だ。40代で体を壊して不健康になる人はだいたい20台での不規則な食生活や無理がたたってなる人が多い。テレビでよく見る、「こんなはずでは...!!」である。希望であり夢でもあるセカンドライフを目の前に、健康を崩してしまったら元も子もない。
80歳の方はこういう。
「この歳になると友人が少なくなっていく」「みんな先にいなくなるんです」という言葉を聞き、作ればいいじゃないですか!と励ますが...「でも...」
20台の終活は、80歳になっても違う形で現れてくるのかもしれない。
20歳のうちに健康を気を遣っていれば、がんや血管性疾患などの生活習慣病のリスク回避や健康寿命の持続を保てる期間が延びることは想像に安い。だから、私は今健康に気を使い、終活をしている。
友人にも栄養学を教えることも、私にとっての終活だ。大切な友人ほど教えずにはいられない。大切な家族、友人に誰が早く死んで欲しいと思うものか。健康への努力を行うのは本人だから、本人が望むのであれば私も私の知識で彼らの健康寿命を延ばすお手伝いを惜しまずする。それがお互いにとってのWin-Winだからだ。
この観点はまだ堀が浅いけれども、ここにしっかりとした統計データがあればしっかりしたものになるだろう。こんなことを考えながら、いろいろ勉強しています。とりあえず、意見と仮説はできたので次はデータを見つけて深堀りーーーー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

また、しっかり練り上げて記事を投稿していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿