2016年8月17日水曜日

今回の経験で気づいたこと

流行は、作品の最後の瞬き。終わりが近いから、超新星のように大きく光らせちっていく。その光る期間は長くて5年かな?

作品の醍醐味は、作品が生まれ大きな星になっていくところ。その醍醐味を知っている人は、意外に少ないけどその喜びは超新星を眺める人の何十倍。

芸術って本当に深くて、一つの作品を見る人でも超新星を見る人か、それか星の創世記から見る人かで喜びや楽しみ方、そして深さが違う。一つだけでもこんなけの差がある。芸術は人生の深みと同じだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿